一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/07/28 (土) | -
- | -
3−2のシルバーレアカードの考察
参考程度に考えてください。

以下続きを読むで。
魔甲ドーザー土竜
どうやって地中潜ってるんだ…。まあそれは置いといて。
非常に強力なファッティキラー。サイドで見かけるようになるカードかもしれません。相手のエネルギーが10枚未満のときは発動しないのが難点ですが、恋人を待つフェアリーで無理やりエネルギーを増やして誘発条件を満たす…というデッキが考案されているようです。バイオ・トラップのような相手のカードをエネ送りにするカードと相性がいいと思われます。
また、こちらのエネルギーが10枚以上ある場合でも、エネルギーゾーン効果をもつカードが大量にあれば、むしろエネルギーリリースに利用することで実質0コストでプレイすることもできます。
上記の理由を合わせると、迷い家の秘法やジャイアント・スイングなんかが良さそうです。まあ、そこまでしないでも共鳴で出せる2スマッシュユニットの時点で強いのですが。灼熱のコルドロンを使えないのが少し痛いです。


断筆のペン
悪くないカード。対象にならないユニットまで落とせるのが利点。1ターン中に何回も効果を発動させれば相手のユニットを全滅させることもできます。移動コスト軽減効果の影響が如実にでるカードです。進撃を補佐するカードが大量に出たので、むしろ進撃を持っていること自体の方が重要だったりも。ただ、既存デッキには移動コスト2であるため入れ辛いです。

恐怖政治
Q&A参照。チワワで止まらない3コストバトルタイミング除去です。逆に愛撫の魔煙フェザーなどで回収するのは難しくなりました。強力なのは言うまでもないのですが、入るデッキが難しいです。共鳴であることもあり、ビートダウンに入るのは間違いないのですが、それでも3コストはなかなか微妙なライン。因果律の抜け道が入ったり抜けたりするレベルですから。因果律と違い、限定条件がないかわりに3コストで使用できるのは自分のターンのみであるというのも…。これはデッキを組む人によるのではないでしょうか。

ギガント・マンタ
ギガント・ポーキュパインの存在意義が大分薄れました。書いてあることは強いのですが、他のシルバーレアと比較して目立たないのがなんとも…。ユニットが密集してるような状況だと少ないエネで大量にアドバンテージを稼ぐことが可能です。パワー8000がいい感じです。ただ、深淵竜エメラルドティアーの8500と比較すると…。
良くも悪くもドロー効果は地味な強さです。

ミリオン・ダラー
3コストで出せるパワー7000(かもしれない)ユニット。女豹ダンサークローと比べるとちょっと涙目。移動コスト軽減能力を持っているため、ビート気味のデッキだと地味にいい仕事をします。ゴーレムデッキとの特性に合致するのがいい感じです。白は5コストの共鳴リクルートユニットがいないので、このカードの存在は貴重です。


後半へ続く。


2012/07/28 (土) 09:45 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック