一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/06/25 (日) | -
- | -
 
1週間に1回は更新出来る程度に頑張ります。

以下続きを読むで。

○ブースタードラフト
《魔界七将ベリオット》『5』
最後の魔界七将。効果も派手ですしイラストもかっこいい。実に魔界七将っぽいカードだと思います。
第1の効果は魔界七将限定のリアニメイト効果。召喚するだけで発動する上に召喚時効果もちゃんと適応される珍しいカード。同名カードもリアニメイト可能。結果、1枚召喚すればトラッシュにある全ての《魔界七将ベリオット》とさらにもう1体の魔界七将がどこぞの亜神のように湧いて出てきます。
第2の効果は破壊時の1コアトラッシュ送り。地味ですが、タダではやられないという意味で決して無駄にはなりません。トラッシュ送りなので相手のフラッシュ効果も妨害できます。また、これは第3の効果の布石となります。
第3の効果はアタック時誘発の1体限定《女教皇リル・サキュバス》効果。この手の能力としてはアタック時、つまり毎ターン使える点で他カードと差別化されています。また、回復効果と合わせれば1ターンに2回以上効果を使うこともできます。《冥獣士ザブルガン》の効果を1ターンに2,3回発動させることも理論上可能ということです。
この効果と相性が良さそうなカードを3つほど。
《魔界七将パンデミウム》は第1の効果で召喚可能であり、レベル3破壊時効果で双方に対しての手札破壊ができます。アタックした瞬間発動するので相手のフラッシュ防御も防げます。自分の手札も減ってしまうのが難点といえば難点ですが、トラッシュ利用に長けた紫ならそこまで重いデメリットではありません。
破壊時に自分のスピリットを回復させる《ミケネ》がいれば無限アタックが可能です。余談ですが、この《ミケネ》は第3弾のカード。ハイランカーパックで再録はされていますが、自分の記憶が確かならどちらも既に生産が中止されていたような。無駄に集めにくい。
相手の手札をデッキトップに送る《魔札の占い師ディーシャ》があればドローロックが可能。相手がキーカードを引くのを遅くできるため非常に鬱陶しい。相手の手札がなくなったら今度は別の効果でフィールドのカードを制圧しに行くとなおよし。
どれも強力な効果です。適当に使ってもコンボで使っても活躍できる良カードです。ただし、今の紫は《虚皇帝ネザード・バァラル》という超がつくほど強力なカードが存在し、その周囲も優秀なサポートカードがうじゃうじゃとあります。メタゲームを考えるなら《ワルキューレ・ミスト》対策や【装甲】対策など積みたいカードもたくさん。そうなるとこのカードを積むスペースがほぼないというのが悲しい。
第1の効果がやはりメインになると思いますが、トラッシュに魔界七将を送る手段が限られている以上現環境で活躍させるのは難しいか。

《プリズモルフォ》『3』
何気に赤以外では初の全色軽減スピリット。そして全色になれる極めて珍しいカード。
ブースタードラフトを象徴するようなカードですが、肝心のブースタードラフトで使えないのが少々残念ではあります。
どんな色でも軽減ができますが、3コストなので単色だとどの色でも2コストかかるせいでちょっと使いにくい。できるだけ混色デッキで使いたいところではありますが、そうなると混色であるが故の事故率が高まってしまいます。どうにもバランスがとりにくい。
《タマムッシュ》などをタッチカードとして使う2色以上のデッキなら0コスト召喚からさらなる展開も可能かもしれませんが、そうなるとこのカードに割く枠があるかどうか…。
入るデッキが今のところ見受けられませんね。

○SB
《蜂王フォン・ニード》『5』
すべての効果が流れるように噛み合うカード。
第1の効果は3コアブースト。《爆裂十紋刃》で焼かれないのがちょっと嬉しい。順当にコアブーストができるなら、先攻なら3ターン目、後攻なら自分のスピリットを犠牲にしつつ2ターン目に召喚できます。序盤の3コアブーストは極めて強力。《颶風高原》と《鳥獣烈神ガルード》のギミックを取り入れているデッキならこのカードも無理なく採用できます。
第2の効果は《木星神龍ノブナガード・ゼウシス》を彷彿とさせる疲労効果。BP指定が入っていますが、序盤ならそこまで大きな意味はありません。アタックを通しやすい効果は厄介極まりない。
第3の効果はタイミングが限られているものの、回復効果です。相手からすればできるだけ通したくはないですね。悪くない効果です。
全体的に強いカードではありますが、第2、第3の効果はちょっと癖が強いか。合体スピリット相手に対しては疲労効果が入りにくく、回復効果もライフに通らないといけないのでチャンプブロックで止まります。このカード自体のBPも最大10000止まりなので戦力としては少々心もとない。
ただ、第1の効果はかなり優秀。《ライフチャージ》をスピリットの犠牲なしに撃てると考えればその強力さが分かります。ただし《鉄の覇王サイゴード》にだけは注意。緑主体ではまともに除去できないため踏むと詰む可能性があります。

○CS
《放浪者ロロ》『6』
ロロ、まさかのカード化。
史上初の6シンボルカード。しかしアタックできない制約があります。あらゆる効果を受けないので《メロディアスハープ》で打ち消すこともできず、合体もできいないのでBPを補うことも効果の追加もできません。事実上ネクサスのような扱いになります。踏み倒しもできないせいでコンボで使うのも少々大変。
しかしブロックはできます。しかも効果を受けない効果のおかげで《ウィッグバインド》や《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》などのあらゆる効果に耐え、確定で1回はチャンプブロックできます。手札に《絶甲氷盾》などを握っている場合は地味にこれが大きい。
このカードがあると《神龍皇ジーク・カタストロフドラゴン》を始祖とする6色軽減プロモをフル活用できるようになります。多色軽減カードとの相性が良いので星座編のカードとよく噛み合いますね。また、2枚目以降の《放浪者ロロ》を出すのにも都合が良いですね。
強すぎず、弱すぎず、独自の特性を持ちつつストーリーの雰囲気を重視した非常に良いカードだとは思います。ただ、入手手段がやや厳しいのが残念。
評価は独自性を考慮して。

とりあえず今回はここまで。


2017/06/25 (日) 22:18 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック