一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。
 
コメントだけだともったいないので。

GBループが可能かどうか?
また、それに関するルール問題に関して。

以下続きを読むで。

 

《マインドコントロール》などの裁定では、「可能な限り多くの」という言葉が使われています。4個トラッシュへ置く効果の場合、スピリット状に4個コアがなくても、つまり2個や3個でも可能な限り多くのコアをトラッシュへ置かなくてはいけません。
では、「0個のコアをトラッシュへ置く」は認められるのでしょうか?

これに関して《シャ・ズー》に興味深い裁定が出ています。《シャ・ズー》は2体までスピリットを疲労させる効果を持っていますが、このとき「0体」を指定できるのです。
この裁定から、どうやらバトスピにおける数の規準は0であることがうかがえます。

《グラシアルブレス》にあてはめた場合、可能な限り実行の原則に則って「0体の相手スピリットを山札へ戻す」が可能かどうか?これがGBループが成立するかどうかの鍵となります。

これに関してグレーゾーンなのは2点。
「0体でも可能な限り実行に含むか」
「相手スピリットがいないため、対象がいないから発動できないとみなされるか」
前者に関しては《シャ・ズー》の裁定から、後者に関しては自分スピリットを対象をとっているから使用できるのではないか、という点で説明ができるかもしれません。

いずれにせよ、非常に微妙なラインと言えます。自分としては、GBループが使えなくなっても別に困りはしないのでどちらでもいいですが、この件からバトスピのルールがはっきりと判明すると嬉しいですね。
今までの公式の対応から察するに、こういうグレーゾーンに触れるようなループコンボはループ不可能になるような裁定を出してくると考えられます。場合によっては幻のチワールループと同じようなことになるかもしれません。

「ルールをはっきりさせてほしい」
いつの時代だって思うことはただ一つです。
まあ、そういうルールの穴をつくのもカードゲームの楽しさの1つだと自分は思いますけどね。

とりあえず今回はここまで。


2017/06/25 (日) 22:21 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

バトルスピリッツでは「可能な限り実行」は効果が使用、発揮された場合の処理の原則となっています。
グラシアルブレスの場合ではその効果自体が使えるのかどうかが問題になっているため、「可能な限り実行」の原則より前の段階での問題になっていることに注意です。

Q&Aのコロコーンの例や、トーテンタンツ、ケルベロード(回復状態では効果は使えないと言う裁定があります)のルールナビ回答によれば、
「AすることでBする」
と言う効果を使用できる条件は
「Aが出来ること」「Bをする対象が存在していること」
であると説明されています。
これがルールに明記されていないのが一番の問題ですが、現状の裁定だとそのように処理されているので、(可能ならご自身で公式に確認をとった後)今後のプレイングやデッキ構築の参考にされるのが良いのではないでしょうか。

2012/03/06 23:44 | doppan

その気持ちわかります。
ブレイブの交換裁定ですらナビ自体が効果裁定を間違えていた位ですからね

そのまま全国始まり終わるという…

バンダイの王道、横暴スタイルにはやれやれ(ーー;)

2012/03/10 20:10 | 超兄

公式でクロノハデス等の「AすることでBする」関係のQ&Aがこっそり書き換えられていますね
今後は「AすることでBする」はAとB両方の条件を満たさないと発動しなくなるようです

2012/03/19 06:20 | ノーネーム

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック