一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/06/25 (日) | -
- | -
 
現時点での個人的な感想。
それ以上でもそれ以下でもないです。

以下続きを読むで。
 
《爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル》『4』
同じバースト条件なら《氷の覇王ミブロック・バラガン》の方がステータス的には優秀。汎用性、能力の性能ではもう1つ縛りをつけた《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》の方が優秀。
どうしても今までのの覇皇カードと比べると見劣りしてしまう部分があるため、能力での差別化を狙っていきたい。
能動的にバーストを発動できるのは極めて優秀。しかも狙いづらい召喚時反応なのでここを活かせれば非常に強力です。
ただ、枚数には注意が必要。《双翼乱舞》までは堅いとして、《秘剣燕返》《爆裂十紋刃》をどの程度入れるかですね。無論バースト召喚可能なスピリットを仕込むのもいいでしょうが、デッキの枠と相談です。
《氷の覇王ミブロック・バラガン》と組み合わせると連続バースト発動からの連続アタックが可能。ちょっと細工すれば無限アタックギミックも用意できます。ただ、どうあがいてもデッキの枠がきつい。赤は汎用性のある強力なカードが多いですからね。
面白いのだけれど、一線級まで行くかと言われると現時点では微妙なカード。

《牛骨魔王》『3』
外れX扱いですが、意外とあなどれません。そもそもアタック時にコアを外す効果というのは強力です。毎ターン使える上に破壊時効果や破壊時バーストを踏みませんからね。これで複数コア外せる効果ならば動き出した時恐ろしいことになります。
今回紫にも覇皇と雄将が追加されたため、うまく動けばゲーム中盤から終盤にかけて高い制圧力を発揮することができます。特に《魔銃ヴェスパー》と組み合わせると怖い。
破壊無効効果も流石に疲労状態とはいえ、手札1枚で生き残れるなら安いもの。ドローが得意な紫ならば比較的軽いコストと言えます。
単体では機能しませんが、回り出すと鬱陶しいカードです。

《烈の覇王セイリュービ》『6』
フラッシュタイミング限定とはいえ、事実上コストがマイナスという尋常ではない効果【烈神速】を持ったカード。
フィールドにも置けるというのがポイントで、自分スピリットやネクサスのレベルをフラッシュタイミングで上げるというテクニカルな使い方もできます。
単純にトラッシュからコアを回収してフラッシュタイミングのマジックに回してもいいですし、BP14000の奇襲ブロックに回しても強い。とにかくノーコストでこれだけのカードが出てくるばかりか、コアが回復するのだから恐ろしいです。
様々なカードとシナジーします。コア消費の激しいドローマジックとは高相性ですし、《刀の覇王ムサシード・アシュライガー》のようなレベルアップによって強力な効果を得られるカードと組み合わせると【列神速】が際立ちます。鬱陶しさで言うなら《白き盾の長城》なども。
ありとあらゆるデッキに入る汎用性の高いカードですが、このカード単騎ではただの大きなスピリットにすぎません。他のカード、特にフラッシュタイミングに使えるカードと組み合わせることに意義があります。トラッシュにコアがないと【神速】の劣化にすらなり得る脆さもあるので使い方は少し考えたい。
バーストはあってないものですが、これによって《ヒノシシ》などに対応できるのだから嬉しい。やはり覇皇と雄将の壁は厚い。

《魁の覇王ミブロック・ブレイヴァー》『5』
バースト破棄とアタック以外でのライフダメージ効果という危険な効果を2つ持っています。どちらも制約がありますが、《氷の覇王ミブロック・バラガン》と相性がいいのは共通。この2枚を並べられると凶悪なコントロール性能を発揮します。
このカードは10コストと重いですが、バースト条件自体はかなり緩いので問題なく使って行けそうです。効果なしでも2コアBP9000の最大BP13000はサイズとしてはかなり大きい。単純に戦力として見ても厄介です。
相手のアタックステップ限定なので狙いにくい効果ですが、見方を変えれば一度発動すると、相手はそれをリカバーすることができないタイミングということになります。バーストを破棄してから安全にライフを削り、返しのこちらのターンで仕留めるという芸当も可能。残りライフ1なら《インビジブルクローク》という手もあります。
まだ形にはなっていませんが、コントロールデッキに入ると怖いカードです。

《アルカナマスター・オズ》『3』
四道をデッキに大量に入れないと機能しないという構築制限がかなり痛いです。ここが最大のネックであり、まず最初にクリアしないといけないポイント。
しかしそれさえ乗り越えれば【装甲】で防ぎにくい黄属性の全体除去、しかもドローロックを兼ね、破壊されても3体展開という超性能のカードに変化します。
今回四道にテコ入れが入ったため、枚数さえ投入してしまえば形にはできそうです。特にダイヤプリンセス・ドロシーの展開能力が追加されたのは追い風。
《アルカナキング・カール》の高速展開や《アルカナクィーン・パラス》のトラッシュ回収を組み合わせれば意外と狙えるかもしれません。
四道のスピリットは弾が散らばっているため、集める時はwikiを見て調べることをお勧めします。

《霊峰魔龍ヤマタノヒドラ》『4』
【強襲:8】なんていったい誰が想像したでしょうか?ネクサスが足りなさそうですが、このカードの効果で補充ができます。《テクノヒュード》と組み合わせれば1枚のネクサスと使いまわして9連撃も可能。召喚さえ成功すればいっきにゲームをひっくり返す可能性を秘めています。
怖いのはレベル3効果。マジックの使用を禁じる効果です。ありがちな「手札の〜」の一文がないため、手元にオープンしたマジックの使用も封じます。最大BP16000なので【神速】でも止めるのは困難ですし、事実上バーストでしか止めることができなくなります。その上で9連撃されれば普通のデッキは耐えられません。地味に《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》のバースト効果を上回る数値なのも強い。
下準備が必要ですが、お膳立てが整うと誰も止められない凶悪さがこのカードにはあります。

とりあえず今回はここまで。


2017/06/25 (日) 01:20 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック