一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/07/28 (土) | -
- | -
 
最近忙しくてろくに誤字脱字チェックができません。

以下続きを読むで。

《ダークナイト・ドラゴン》『3』
除去効果はおまけ。基本的にはライフ減少後のバーストを自分のメインステップに発動させるためのカードと考えてよいでしょう。《ナイト・ドラゴン》を使うことでデメリットが帳消しになるように見えますが、実際にはリザーブのコアが1個ボイドへ送られるのと同じ結果なので注意。
自身が6コストと決して軽くないため、《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》の早期召喚のために使うにはちょっと不便。どちらかといえば狙ったタイミングにバーストを発動できるということの方が重要。例えば《氷の覇王ミブロック・バラガン》と《爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル》を揃えてコンボに行きたいときなど。
バーストは1ターンに1枚しか伏せられないため、伏せたバーストを即発動させてそのターン中に伏せるということはできません。ただし前ターンに伏せたバーストを発動させたならそのターン中に新たにバーストを伏せることはできます。
うまくやればアタックしてこないデッキに対してもライフ減少後バーストを使えるため、場合によっては有効かもしれません。《三札之術》などとは相性がいいです。


《太骨望》『4』
破壊時バーストとしてはかなり使い勝手がいいカード。バトルしたスピリットや、アタック時効果を使ってスピリット除去をしてきた《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》を仕留められるのは大きい。場に出た後の効果は制約が多くて使いにくいですが、それでも手札が充分にあれば場合によっては相手の小型スピリットを殲滅することもできるかもしれません。
コンボ用途には使いにくいですが、単純に強いバーストとして採用する余地のあるカードです。《呪の覇王カオティック・セイメイ》との使い分けができたのも大きいですね。
そして地味に無魔。無魔関連のデッキなら別の切り口で使えるかもしれません。とりあえず《骸巨人ギ・ガッシャ》さえいれば何回もバーストゾーンにおける上に破壊されたスピリットも回収できるため、相当うざったい壁になりそうです。

《シフゲイター》『2』
普通に使うならおまけ効果の付いてくる《双魚賊神ピスケガレオン》や《魔界七将デスペラード》を使うべき。ブレイヴである点と合体時効果で差別したい。
【装甲】や《ワルキューレ・ミスト》を貫通できる点は評価できますが、ピンポイントで狙い撃つなら《騎士王蛇ペンドラゴン》で充分だから悲しい。
合体時効果が組み合わさると除去範囲も広くなりますが、同じ目的なら《虚皇帝ネザード・バァラル》の方が優秀。
系統関連で使う方法を模索したい。今は正直使える気がしません。


《コーカサス・リョフ・ビートル》『2.5』
発動自体は容易でも召喚する条件が少々特殊なバースト持ち。コーカサスとか言いながら系統が華兵なので注意。虫関係ありません。
覇王や雄将は最近よく使用されるので狙うタイミング自体は多いです。が、だからといってこのカードが強いかと言うと微妙。BPはとても大きいですが、そもそもバトルをさせてくれないか、無視して除去してくるかだから悲しい。
それでも相手の《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》の【大粉砕】に合わせてバースト召喚し、返り討ちにすることは可能です。
レベル2からの効果は別にこのカードが破壊する必要はありません。《デッドリィバランス》などでもOKですし、ブレイヴの合体時効果などで破壊しても発動します。《砲竜バルガンナー》でも合体させれば無双できるかもしれません。


とりあえず今回はここまで。


2012/07/28 (土) 22:39 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック