一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/06/25 (日) | -
- | -
 
変な時間に目が覚めてしまった。

以下続きを読むで。


《ミブロック・ザ・ワン》『4』
ブレイヴ踏み倒し能力を持ったミブロック。このカードの登場により、白でも木星北斗のような動きが可能となりました。
《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》と比較した時の利点はコストが軽いことによる序盤の召喚と【重装甲】の有無。あとはささやかですが名称サポートですね。
一方、《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》より劣っている点はドローの有無と最大BP,そして系統サポートを受けられるか否かです。破壊効果も一応。
白にとってはドロー効果は魅力的ですし、《マネキキャット》や《バルカン・アームズ》を合体できる系統サポートは旨味が結構あるので基本的には《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》の方が優先されそうです。【重装甲】による主要バーストへの耐性を重視した場合のみこちらの方が優先されるでしょう。そうでない限り4枚目以降の《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》です。
《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》のスロットを増やすことにより、ブレイヴ込みのビートダウンが機能します。白の場合は緑と違って相手の場をこじあける手段がバウンスになるため、相手が単騎で攻めるor守るデッキほど効率よくライフを削って行けます。一方で小型をずらっと並べる相手は苦手。そう考えると《鳳凰竜フェニック・ソード》の採用はありな気がします。
もう2〜3弾前に出ていれば大活躍だったかもしれませんが、今だとダブルシンボル以上への対策がかなり浸透しているのでちょっとつらいかもしれませんね。それでも強い部類のカードです。


《ダイヤプリンセス・ドロシー》『3』
四道版の《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》ですが、オープン枚数が6枚に減り、最大展開数も2体と縛りがついています。
《アルカナマスター・オズ》の発動条件を満たすのに一役買ってくれます。3枚以上の四道がオープンされた場合でも、《アルカナクィーン・パラス》などで回収することはできるので意味はあります。四道を揃えるためにはこの高速展開&トラッシュ肥やしはかなり有用。《パペットストリング》に頼らない四道デッキなら3枚確定のカードと言ってもいいでしょう。
バースト発動で1ドローする効果があります。自身の効果によるトラッシュ肥やし、コンボ成立までの延命を考えると《光の覇王ルナアーク・カグヤ》が最も相性が良さそうですね。まあ、黄ではそこまで選択肢がないので普通に他の色のバーストを使っても良さそうですが一応。
四道デッキ以外でも、無理矢理トラッシュを増やすという意味での採用があり得るかもしれません。【不死】や《導化姫トリックスター》を絡めてのソリティアなど、トラッシュを肥やす意味自体はあります。うまくいけばカードで壁を揃え、バースト発動によるドローまであると考えるとそれっぽい動きを作ることは可能かもしれませんね。

《オリンピアの天使長オフィエル》『5.5』
ライフを5にリセットするオリンピアの天使。
ソリティアやデッキ破壊系のデッキに搭載すると非常に凶悪な性能を発揮します。ダブルシンボル以上の対策として《オリンピアの天使アラトロン》を置き、さらに《星空の冠》を配置しておけば万全。速攻デッキに削られたライフを一瞬で元に戻してしまうのは対峙した相手に絶望感を与えることでしょう。
代償としてバーストを破棄する必要がありますが、バーストの貼り替えで破棄することも多々あると考えると実はそこまで痛い代償ではありません。前のターンから残しておいたバーストを破棄すれば効果を使用したターンに新たにバーストを伏せることも可能です。
8コストと重めな点を除けば破格の能力と言えるでしょう。ただしデッキ破壊相手に対しては効力がないのは注意。
《ブリザードウォール》などと併用すると凶悪。時間さえ稼げば無限コンボから相手を仕留められるソリティアデッキとの親和性は極めて高いです。《導化姫トリックスター》でこのカードを回収することまで視野に入れればその延命能力の強さがよく分かるはず。


《古の獣王ギルガメシュ》『3』
対覇皇のバースト持ち。
バースト召喚を狙った場合、除去範囲の広い《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》の方が優秀です。このカードの利点は召喚時に効果が発揮される点と青であるがゆえに【装甲】の影響を受けにくい点、そして後半のアンブロッカブル効果ですね。
【装甲】の影響を受けにくい点が何よりも大事。《獣装甲メガバイソン》などが蔓延する環境では頼りになります。召喚時効果なので《氷の覇王ミブロック・バラガン》を逃さずに狩れる点も見逃せません。しかしそれ以外では基本的に毎ターン使える除去効果を持った他の覇皇達の方が優秀なので出した後は速やかに相手のライフを削って行きたい。
《命を吸う沼》か《五芒星の城》があればアタック抑止が最大限に活きますが、まあ、そこまでする余裕は普通ないですね。1回のアタックで2コアを消費させるため、単純にアタック回数を増やせる《霊峰魔龍ヤマタノヒドラ》と組み合わせるのも良さそうです。より能動的に使っていくなら《虚皇帝ネザード・バァラル》とセットで使うというのもありか。コアを乗せないと除去される、というプレッシャーを相手にかけることでリザーブにコアが残りにくくなります。
しかし前半と後半の能力が噛み合っていない点が気になります。召喚時に相手スピリットを破壊してしまうと、その上に乗っていたコアがリザーブへ行ってしまうためです。2つの能力に関連性もありませんし、ちょっと扱いにくい点が目立ちます。
対覇皇と考えればメタゲーム上は投入もあり得ますが、それでも対象が狭いのは否めないですね。


とりあえず今回はここまで。


2017/06/25 (日) 03:11 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック