一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/07/28 (土) | -
- | -
 
残る半分。
地味にルールの壁に引っかかったカードが1枚。

以下続きを読むで。
 

《氷聖女ジャンヌダルク》『2.5』
バースト条件は《氷の覇王ミブロック・バラガン》と同じ。コストもあまり変わらないため、どうしても選択になります。
4色の【氷壁】持ちですが、基本的に相手依存かつマジック限定のカウンターである【氷壁】はあまり強くありません。唯一の救いはこのカードの場合、【氷壁:赤】を持っているため、《双翼乱舞》あたりを無効にできるということでしょうか。
このカードの本命は合体時のバウンス効果。【氷壁】持ち全体が《天王神獣スレイ・ウラノス》のようなバウンス効果を得るのは悪くありません。特に相手が大型スピリット主体なら時間稼ぎをしつつライフを削ることができます。
バーストで序盤に召喚してそこからシンボルつきブレイヴを合体させてアタックし続けるという流れができれば強力。
ただ、その流れが作れるかどうかは別の話。レベル2以上でブレイヴ前提というのはちょっと使いにくく、成立しても時間稼ぎしかできないのは少々つらい。結局のところ、アドバンテージを稼ぐ効果ではなく、他カードとの強力なシナジーがあるわけでもないので採用は躊躇われてしまいます。
一応《氷聖女の塔》と組み合わせると全色【氷壁】でバウンスが全色に対して可能になります。
【氷壁】と永続ブロック効果を持つ《機神獣インフェニット・ヴォルス》や《甲蟲武神ギラファ・ランドウ》とは相性が良いです。うまく相手を嵌めこめば強いかもしれません。

《サテライド・バード》『3』
《獣装甲メガバイソン》の【重装甲】版。シンボルの代わりにバースト召喚封じを得ました。あと、軽減の関係で白だと使いやすい半面、他の色だと使いにくくなりました。
《鎧馬アルファズル》や《ヒョウ・カッチュー》相手に強くなり、《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》や《氷の覇王ミブロック・バラガン》のバースト召喚を抑止できます。
バースト召喚封じが主となりますが、少々使い難い。うまく相手のバーストを読み、《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》を出させないままライフを2まで削ることができればとてつもなく強い。が、仮に相手のバーストが《絶甲氷盾》などで1ターン耐えられたりしたら意味がなくなります。
このカードが強い場面というのは確かにあります。しかしそのタイミングでこのカードを握れているかどうかは別の話になります。色が合わない場合はただBPを上げるだけのカードになってしまうこともあり、環境次第では腐ってしまうこともあります。シンボルを持たないという点も辛い。
BP補正が高い点は評価できます。メタゲーム上でも需要があるため、環境によってはとてつもなく強いカードに化けるかもしれません。

《グリムの天使シンデレラ》『3.5』
天霊主体ならバースト召喚も容易。普通に召喚してもいいですけどね。
アタックが通ればマジック回収ということは、《インビジブルクローク》や《ストームアタック》のようなアタックを通すためのカードを何度も使いまわすことができるということです。また、そもそもレベル3にすることでバースト破棄によりブロックされなくなります。この効果でバースト持ちのマジックを破棄すればアタックが通った時に回収することができます。
バーストを事実上《インビジブルクローク》に変えられると考えると非常に強力。返しのターンにバーストがなくなって無防備になるとはいえ、毎ターン《インビジブルクローク》を撃ちながらアタックできると考えると実はかなり凶悪です。
ただし除去による耐性もなく、レベル3にならないとブロックされなくなる効果がなくなるため、使い勝手が少々悪い。
場が膠着した時はエンドカードになり得る存在。ライフ回復と合わせて積極的にフィールドをグダグダにしていくと良いかもしれません。
特に決め手にかけるブースタードラフトでは恐ろしいカードとなります。

《カイメイジュー》『3.5』
《妖精騎士ピーター》効果を持ったブレイヴ。基本的には《妖精騎士ピーター》と同じ。相手スピリットが少ないほど強力。基本的にダブルシンボルになるため通れば大ダメージ。相手からすれば無理矢理にでもスピリットを2体以上並べなくてはいけないため、かなりプレッシャーになります。
《妖精騎士ピーター》との違いはこのカードがブレイヴということ。つまり合体先のスピリットとの組み合わせ次第で強さが変わるということです。例えば《蜂王フォン・ニード》と組み合わせればブロックすることが非常に困難になりますし、《巨蟹武神キャンサード》なら追加ダメージ込みで3点ダメージも狙えます。
紫軽減がありますが、これ自体はあまり紫と相性がいいわけじゃないです。が、この軽減のせいで《放浪者ロロ》を並べるなどして最少1コストで出せるようになると考えるとちょっと怖い。


《ガイメイル・ヒドラ》『2』
相手のバーストセットでネクサス配置、自分のエンドステップにネクサス破壊でコアブーストという変則的なコアブーストカード。
コアブースト目的ならもっと手っ取り早いカードがたくさんあります。ネクサス配置ギミックが基本でしょうが、しかしそれにしたって相手依存な上にやはりもっと手っ取り早い配置方法があると考えると…。
結局のところ、このカードを使うくらいなら別のカードを使った方が良さそうです。
どうしても使いたいなら破壊時の効果を持つ《海の主を祭る島》と組み合わせたい。

《テクノヒュード》『2.5』
最重量ブレイヴ。しかしシンボルはなし。
自分のデッキ破壊、ネクサス無償配置、自分のネクサス破壊と相手デッキ破壊。こうやって見ると双方のデッキを破壊しつつこっちのネクサスを配置したり壊したりするというだけ。
とにかく自分のデッキを破壊することに意味を持たせるか、配置時、もしくは破壊時に効果を発揮するネクサスと組み合わせたい。《海の主を祭る島》などですね。
《霊峰魔龍ヤマタノヒドラ》に合体させると1つのネクサスを破壊→再配置で疲労状態のネクサスを回復状態に戻すことができます。つまり1枚のネクサスで【強襲:8】を成立させることができます。また、このとき同時にデッキ破壊ができます。
しかし、実はこのデッキ破壊が果てしなく邪魔なんですよね。というのも最近出たルール裁定のせいで○○することで××の場合、××ができないと○○もできなきいからです。つまり《鳳翼の聖剣》でデッキ破棄がストップしてしまうと自分のネクサス破壊もできなくなるためコンボが途切れてしまいます。そうでなくとも《パイルドラコ》を踏んで《霊峰魔龍ヤマタノヒドラ》が止められてしまうことがあります。
他カードとコンボを組むととてつもないカードになりますが、そうでないとただ重たいだけのブレイヴで終わってしまうのが残念。7コストだからもっと派手な効果をつけても良かったとは思うのですが。


とりあえず今回はここまで。


2012/07/28 (土) 19:25 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

ブードラのシンデレラは驚異的でした・・・
新弾のカード考察、毎度大変参考にさせて頂いてます

2012/03/21 23:00 | ムギチャ

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック