一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/06/25 (日) | -
- | -
 
少し間を開けてみたり?

以下続きを読むで。

《ロード・ブレイバン》『3』
赤白のバーストブレイヴ。
《神星皇ストライク・アポロドラゴン》と色が合致するためおそらく他2種よりは使いやすいカード。他2種でも言えることですが、《神星皇ストライク・アポロドラゴン》の2つの効果を両方とも使えるのは他のブレイヴにはない利点。その分シンボルなし、効果も弱めと残念な仕様ですが、このカードはBP+5000と打点強化があるので最低限の仕事はします。
《神星皇ストライク・アポロドラゴン》との組み合わせが成立した場合、3打点、BP18000、アタック時にBP10000までのスピリットを破壊し、さらに相手のアタックで回復するという化け物の誕生です。
《イリテバン》関連での挙動が面白い。《イリテバン》でこのカードの効果をコピーすることで実質的に打点を伸ばすことができます。
例えば《イリテバン》に《ロード・ブレイバン》を合体させ、《イリテバン》の効果で《ロード・ブレイバン》の効果をコピーした場合だと、《イリテバン》自体のシンボル、《ロード・ブレイバン》の効果、《イリテバン》でコピーした《ロード・ブレイバン》の効果で合計3打点となります。
《イリテバン》に《イリテバン》を合体させてそれぞれ《ロード・ブレイバン》の効果をコピーすれば4打点、《光龍騎神サジット・アポロドラゴン》に《イリテバン》2体を合体させてそれぞれ《ロード・ブレイバン》の効果をコピーさせれば5打点です。
《カーミュラ1》でも同じことが可能ですが、色が合致する分こちらの方がやりやすい。また、こうなるとバースト召喚も馬鹿に出来ません。ブレイヴにはらうコストを節約できるので状況次第ではかなり早いタイミングでこの態勢が整います。
最序盤に《カグツチドラグーン》あたりに合体されるとかなり厄介。

《カオティック・リクゴー》『3』
紫黄のバーストブレイヴ。
バーストで出す意味は薄いですが、他2種にはない独自効果が面白い。
BP比べの結果を逆にするということは、「破壊したい高BPスピリット」「破壊されたくない低BPスピリット」を活かすことができます。。このカードの合体条件が3以上とかなり緩いので探せば相性のいいカードはたくさんあります。ただ、合体時BPが+0なので前者とは少し相性がよろしくない。後者との相性は最高ですけどね。
前者の代表は名前の元になっているであろう《呪の覇王カオティック・セイメイ》ですね。いままで高BP相手にしか発動しづらかった独自キーワード能力【呪滅撃】を小型スピリット相手にも発揮することができるようになりました。
後者の代表は《一角魚モノケロック》です。合体させるとBP5000以上の相手を1体で止め切る鉄壁を作ることができます。現代の回廊モノケですね。
同じカードを2枚並べ、片方にだけ《カオティック・リクゴー》を合体させると非常に面倒。例えば《呪の覇王カオティック・セイメイ》でこれをやると、どのBPのスピリットがアタックしてきても【呪滅撃】を発動させることができます。《一角魚モノケロック》などを使う場合は同BPで相討ちになってしまうのでレベルをずらしておくなどの工夫が必要となりますが、かなり突破困難な壁になることは間違いないです。
しかしBPアップやフラッシュタイミングでのレベル変動に弱いので注意。相手のBPを上げるテクニックもあるので対峙した時は忘れないように。

《サイゴード・アームズ》『2』
緑青のバーストブレイヴ。
デッキ破壊とコアブースト。合体条件が緩いので《働きアントマン》あたりに合体させることができます。
粉砕ビートとはそこそこの相性。《ショベル・ゴレム》との合体なら最大7枚破棄+コアブーストまで可能です。あとは《リペアリング・セーラス》に合体させることで2ブーストも狙えます。
ただ、効果がひたすらに地味。デッキ2枚破棄と不確定な1コアブーストでわざわざ貴重なバースト枠を食うのはもったいないです。
青はバーストが弱いので単純に数合わせで入れることはあるかもしれませんが、それでもちょっと貧弱。BP補正も低いので普通は使われることはないでしょう。


とりあえず今回はここまで。


2017/06/25 (日) 02:59 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック