一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/07/28 (土) | -
- | -
 
久しぶりの一進一退の更新。

例によって例によるので以下続きを読むで。

○相対評価
赤=紫>白=青>緑=黄

ぶっ壊れカードはいない感じですね。使いたいカードはあれど、既存カードがそれを否定してくというのが辛い。


《天剣の覇王ジーク・スサノ・フリード》『6』
《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》と対になるようなカード。流石にあちらほどの汎用性はないものの、雑魚散らしからの高BPダブルシンボルをノーコストで行えるのは単純に強力。相手がスピリットをフィールドから排除できないデッキならバースト時の威力も高くなります。つまり疲労効果を多用する緑に対しては有効な効果です。また、系統が古竜なので《焔竜魔皇マ・グー》の恩恵を受けることも可能。フィニッシャーとしては強力な部類です。少なくとも現状でノーコスト召喚可能でダブルシンボルになれるスピリットと言うとこのカードぐらいしかありません。
しかし、デッキが赤で縛られること、ダブルシンボルになるためには5コア以上必要なのが辛い。普通に運用するとコアが足りないのが現状です。使うためには一工夫が必要。しかし《爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル》のようなテクニカルな動きも難しい。現状だとどうしても他のバースト持ちが優先されそうです。


《騎士の覇王ソーディアス・アーサー》『6』
覇王ではおなじみのバースト条件。しかし追加効果はありません。
一言で言えば非常にデカイカード。紫とは思えないBPの優秀さ。レベル1の時点で10000あるBPですが、3コア乗せでBP15000まで到達。これにより、《烈の覇王セイリュービ》を力づくで突破することができます。
【不死】持ちをトラッシュからアタックする度にノーコスト召喚が可能。《虚皇帝ネザード・バァラル》が筆頭ですが、召喚時効果が発動するので《不紫鳥フォグニクス》なども強力。これによって出したスピリットからさらに【不死】が連鎖することも。早急に処理しなくてはいけないものの、このカード自身のBPが高すぎてまともに除去できないという厄介さがあります。
合体時にはさらにコアをボイドに送る効果まであり、単純にして強力なスピリットです。が、素のコストが重いためにバースト以外で召喚すすことは難しく、さらに既存の【不死】デッキではデッキ破壊を絡めてループして相手を仕留める場合も多いためにこのカードを必要としないケースも考えられます。


《大牙帝ビャクガロード・ソンケン》『4』
四聖獣の3枚目。これで残すは玄武のみ。《剣王獣ビャク・ガロウ》はこうあるべきだったというようなカード。【暴風】に似た効果ですが疲労対象はこちらが選べます。ブロックされなければ今度はダブルシンボル。相手としてや嫌な二択です。【暴風】持ちがバースト封じを持つ能力もバーストを多用する今の環境ではかなり有効。
が、1番大きな問題はこの2つの能力とこのカード自身がが全く噛み合っていないということ。このカード自身は【暴風】を持っていないためバーストを封じれず、バースト封じに徹するとこのカードのせっかくのスペックを無駄にしてしまいます。
使うならどちらかに絞って使い、もう片方は成功すればOK程度に考えて使うのが一番現実的か。
おそらく《千刀鳥カクレイン》と最も相性の良いカード。このカードの能力は【暴風】ではないため共存が可能(キーワード能力は重複しない)。バースト封じが利用できるようになり、トリプルシンボルになるのでアタックを通すのも厳しくなります。
ブレイヴ込みでトリプルシンボルを狙うなら《巨蟹武神キャンサード》が、疲労効果狙いなら《蜂王フォン・ニード》の方が優秀。バースト封じや単騎ダブルシンボルである点を有効に使えないとこのカードを活かすのは難しいですね。


《神狼機獣ラグナ・フェンリル》『5』
大型の召喚時効果持ち。リフレッシュ封じはなかなか強力。綺麗にきまれば相手の攻め手と守り手の両方を封じてフィニッシャーになり得ます。
ダブルブレイヴが可能な2枚目のスピリット。ただしシンボル制限があるので《光龍騎神サジット・アポロ・ドラゴン》のような高火力トリプルシンボルでごり押しという使い方はできません。
バウンス効果は最大2体まで。リフレッシュ封じ→相手が壁として残した回復スピリットをバウンスしてライフを狙う、という使い方ができれば強力。リフレッシュを封じたスピリットをバウンスしてしまうこともあるのでちょっとだけ注意が必要。強制効果です。しかしネクサスも戻せるので一部の相手には有効。
今まであまり見なかったタイプのカード。強力な効果を内蔵しているものの、これだけでは扱いにくいかもしれません。少なくとも相手が全くアタックしてこないデッキなどには辛い。しかし一工夫すると色々可能性が出てきそうです。
《氷の覇王ミブロック・バラガン》との相性が良好。このカードを手札に戻すことで召喚時効果を毎ターン使うことができます。また、ダブルブレイヴ状態のこのカードを手札へ戻せば相手のスピリットを大量にバウンスするこもできます。
同じ理屈で《白亜元帥レイ・ザウラー》との相性も良好。リフレッシュ封じ→《神狼機獣ラグナ・フェンリル》を《白亜元帥レイ・ザウラー》の効果でバウンス→相手の召喚したばかりのスピリットは《白亜元帥レイ・ザウラー》の効果でアタックを封じ→次のターン《神狼機獣ラグナ・フェンリル》を再召喚。回復状態のスピリットはバウンス効果で手札へ。
という感じで軽いロックを作ることができます。
コストの重さが最大の課題ですね。


《魅惑の覇王クレオパトラス》『4』
覇王おなじみのバースト条件。
新キーワード能力【魔光芒】は純粋な【光芒】の強化。《大天使イスフィール》のようなマジックコピーが付随します。
単純にマジックを連打したいなら、コストを支払わない《大天使イスフィール》の方が強力。召喚時のマジック回収と【魔光芒】による使いまわしか、1ターンに回数制限のないマジックコピーを活かしたい。しかしアタック時にしか効果を使えないためなかなか苦しい。《光速三段突》や《ドリームチェスト》を毎ターン使って場を荒らすのがシンプルで強いか。というかそれぐらいしかアタック時に使って強いマジックがあまりないのが現実。コピーして強いカードという縛りがあるとなおさら。しかしそれに徹せられると除去手段がないデッキなら詰むケースがあるのもこの手のカードの恐ろしさです。《ドリームチェスト》を使いまわしてドロー効果を封じる《ザン・トライ》《豚人チョウハッカイ》を横に置いておくと凶悪なドローロックに。
使ってみる価値はあるかもしれません。


《千夜一夜物語の女帝シェハラザード》『5』
系統縛りの踏み倒し。雄将はコストや色がバラバラでわざわざこのカードを使ってまで出したいカードとなるとあまり思いつきません。《極龍帝ジーク・ソル・フリード》のように【転召】持ちを出せるわけでもなく、このカード自身が6コスト3軽減とそこそこのコストなせいで大型スピリットの早出しという観点から言うとやや微妙です。単純にスピリット展開として使うか、後半の効果でライフ削り狙い、あるいは8コストの大型スピリットを1ターンでも早く出したい時に使うといった感じでしょうか。
後半のライフ削りは任意効果。ライフ回復を得意とする黄にはかなり有効。ダブルシンボル持ちがいるならば、どれだけライフがあろうと理論上3回のアタックを通すだけで勝てると考えると結構面白い。

とりあえず今回はここまで。



2012/07/28 (土) 22:53 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック