一進一退〜アハトのブログ〜 バトスピ他

バトルスピリッツ主体のブログ。相互リンクは随時受け付け中です。ディメンション・ゼロは現在休止中。
主体ということは違うことも書くわけでして。毎日更新を目指しています。そんな不定期更新ブログ。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/07/28 (土) | -
- | -
 
まず環境の話。
結論から言えば《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》が環境を席巻していました。主に《マネキキャット》からの早出しですが、中には《光輝く大銀河》を経由するデッキも。
自分は《幻羅星龍ガイ・アスラ》を使った赤コントロールを使用。残念ながらオポーネントの差で予選9位で決勝トーナメント出場ならず。
赤の選択者は多かったものの、上位にはいけませんでした。上位は白と緑ばかり。やはり《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》が過半数を占める結果に。
優勝準優勝はどちらも《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》と《巨蟹武神キャンサード》を使用した星魂光導ビートとも言うべきデッキでした。防御カードを《デルタバリア》に依存することが多かった環境だけに、《巨蟹武神キャンサード》+3コスト星魂がとても強かったです。

環境としてはこんな感じでした。

とりあえず今回はここまで。
 
穴埋めがてら3つほど記事を。

ついこの前C.C.C.主催の「八星龍杯」と呼ばれる大会が開かれました。
この大会は「星座編限定構築」というかなり特殊な限定構築戦で行われました。
使用可能カードは「八星龍降臨」「灼熱の太陽」「月の咆哮」「星空の王者」の4パックに収録されているカード(ただし《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》は除く)のみ。また、特別ルールとして《ウィッグバインド》が禁止カードに指定されていました。

やってみるとかなりきついルールだったと思います。特に防御カードが限られているのが辛かった。《マッハジー》《巨獣皇スミドロード》《サジッタフレイム》《デッドリィバランス》《ダンスマカブル》《バインディングソーン》《ソーンプリズン》《サイレントウォール》ざっと見てもこれだけのカードが使用不可能。

そんなわけで通常構築とはまた違った趣でした。

環境と雑感については後の日記にて。

とりあえず今回はここまで。
 
月の咆哮以降のカードで集めておいた方がいいかもしれないと思ったカード。R以上のカードで。一応、自分の使った雑感も載せておきます。

○月の咆哮
《炎星神龍マルス・ドラグーン》『7』
選択肢として重要。除去範囲が広い点が強い。《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》を除去できる数少ないカードでもあります。ただし少々扱いにくい。

《アンフィスバエナー》『7』
汎用除去ブレイヴ。BP6000以下破壊と赤シンボル持ちなのが強い。

《魔羯邪神シュタイン・ボルグ》『6』
なんだかんだで紫なら採用候補に。紫中心ならどんなデッキに入れてもそこそこの活躍をします。《騎士王蛇ペンドラゴン》を回収できるだけでも価値あり。

《マネキキャット》『6』
このカード単体はそれほどでもないものの、《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》を早出しできるのが非常にマズイ。この用途だけでこのカードの価値は高まりました。

《月光神龍ルナテック・ストライクヴルム》『6』
防御力が高いカード。これが出ただけで詰むデッキというのもありますし、持っているにこしたことはないかと。

《戦神乙女ヴィエルジェ》『6』
黄のデッキなら採用候補に。2コストウィニー対策とビートダウンデッキ対策に使用可能。姫ループなどのコンボデッキでは壁として使えます。

《導化姫トリックスター》『6』
黄のデッキではかなり有用。特にソリティア関連をしたいなら常に候補に上がります。

《バルカン・アームズ》『7』
1:2交換。デッキを掘り進む能力とシンボル追加も。あらゆるデッキで採用できる強さ。緑軽減がある点がそれに拍車をかけます。

○星空の王者
《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》『9』
2枚揃うと無限アタック。2枚揃わなくても圧倒的な攻撃力を持ちます。強力な除去耐性、回復効果、シンボル追加とハイスペック。BPも高い。

《麒麟星獣リーン》『7』
黄のビートダウンデッキに。《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》のように高速でブレイヴスピリットを用意したいときに強い。

《巨人勇者ペルセウス》『7』
ブレイヴ破壊と【強襲:3】が強い。強力な相手の合体スピリットへの対抗策であり、自身もフィニッシャーになれるカード。

《シユウ》『9』
アタックが通ると一気に3ライフ分の差がついてしまうのは脅威。そしてそのアタックを止めるのが困難な点も脅威。止めてもライフ回復されるしBPで勝つのが難しいのも脅威。とりあえず脅威しかない。

《吟遊詩人のオルフェ》『5』
手札を見れるのが強い。ピーピングハンデスはなんだかんだで危険。

○それ以外
《鳳凰竜フェニック・ソード》『6』
指定アタックが強い。特に《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》からの早出しでフィールドを制圧するのが凶悪。小型、ネクサス対策にも。


とりあえず今回はここまで。
 
問題となっていた《獅機龍神ストライクヴルム・レオ》2体+《突機竜アーケランサー》の無限BP問題について裁定が出ています。
お互いがこの3枚を揃えてしまうとBPを無限に上げられてしまうため、どっちがバトルに勝つのか分からないという問題がありました。
これに対し「BP MAX」という概念が登場しました。これによれば、無限BP同士のバトルでは相討ちになるようです。
これで一応の解決にはなりましたが、これはちょっと珍しい事例だと思います。数値としての「∞」を認めてしまうということですから。例えばの話、BP MAXにした後に《突機竜アーケランサー》を分離するとBPは「MAX−3000」にならないのか、という数学っぽい問題が出てきます。
この裁定が別の歪を産まなければ良いのですが…。

他にも新しい裁定が出ているようです。自分は把握しきれていません。
意外だったのが、《ハイドランディア》と《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》の事例。自分スピリットを自壊してでも規定枚数のスピリットを召喚しないといけない裁定が出ていました。これも新しい更新なのかな?

とりあえず今回はここまで。
 
他人のデッキを見て、それを自分なりにアレンジしようとする場合、たいていの場合は元々のデッキの使用者の意図をくみ取れていないことが多いです。まあ、完全にトレースするのは普通不可能なのですが、それが原因でデッキの根本がねじ曲がってしまうこともあります。

例えばいわゆるはがない系列、尖塔オライオンというデッキになぜ《ハンドタイフーン》が入っているのか?
「ドロー兼追加のデッキ破壊」だと考えた人は30点です。
無論それも重要な役割ではあるのですが、本当に重要なのは「《ルナティックシール》中に使用できるデッキ破壊」ということ。《巨人猟兵オライオン》などでデッキを破棄してから《ルナティックシール》で守りに移行。あとは《ルナティックシール》中に安全に相手を仕留めるために《ハンドタイフーン》といった動きが可能になります。また、お互いが《ルナティックシール》を使用するデッキならなおさらその重要性は大きくなります。もしもあなたがデッキから《ハンドタイフーン》を抜こうとするなら、こういった面に気を配る必要があります。

こうやってみると採用されているカード、採用されていないカードにはそれぞれに深い意味があり、それを把握できているかいないかがデッキ構築で明暗を分けることになるんじゃないかと思います。

あなたにとって微妙なカードでも、実は大きな意図が隠されていることもあるのです。まずはその意図をくみ取る努力をすることが大事なんじゃないかな、と思います。

まあ、それ以上に大事なのが「なぜ○○は採用されないのか」ということなんですけどね。

とりあえず今回はここまで。
 
《冥総裁ハーゲン》の補足というかなんというか。

以下続きを読むで。
続きを読む >>
 
直接合体した時に、フィールド上のコアを任意の数合体スピリットへ置くことができるようになりました。裁定変更なのか、通知ができていなかったのか微妙なところではありますが、ここはあえて言及しません。ようは結果の方が大事です。
つまり《シールディバグ》のようなメインステップ以外で合体するブレイヴを使うときに重要となることで、うまくいけばレベルを急に上げることでの奇襲を狙えることができるようになります。これで【神速】を持つブレイヴの株は少しだけ上がったと言えるでしょう。
とはいえ、ブレイヴは現状ほぼ赤一強状態。メタゲーム上はそんなに大きな問題ではなさそうです。


とりあえず今回はここまで。
 
ゲームジャパンで先行公開された時の《伝説龍エンシェント・ヴルム》のBPが間違っている件について。

どういう理由でああなったんでしょうね?こういうことがあると雑誌で先行公開されたカードを扱う時に少し面倒です。

とりあえず今回はここまで。
 
それぞれの色の現状など。
あくまでも自分の主観。参考程度にしてください。
混色が進んでいるせいできっちり6色に分けるのも無理がありますけどね。無理矢理6つに分けて考えます。


以下続きを読むで。
続きを読む >>
 
月の咆哮で集めた方がいいと思ったカード。
参考までに。
※は一応程度。


《炎星神龍マルス・ドラグーン》
《アンフィスバエナー》
※《金牛龍神ドラゴニック・タウラス》


《魔羯邪神シュタイン・ボルグ》
※《骸巨人ギ・ガッシャ》


※《木星魔龍ノブナガード・ゼクスト》
※《マネキキャット》


《月光神龍ルナテック・ストライクヴルム》
※《ゲッコ・グライダー》


※《トリックスター》


《バルカン・アームズ》

自分の思考パターンがお分かりいただけたでしょうか?


とりあえず今回はここまで。
<< | 2/44PAGES | >>